東京都は、平成25年度より「東京都訪問看護教育ステーション事業」を実施しています。

この記事では、訪問看護に関心のある方、既に訪問看護師として働く方、訪問看護師の研修を行いたい方に向けて「東京都訪問看護教育ステーション事業」を解説します。

ポイントは、都が認定した9ヶ所の教育ステーションで受講する研修費用を東京都が負担してくれる点です。

「東京都訪問看護教育ステーション事業」は、訪問看護師の確保・育成・定着を推進する事業と言えるでしょう。

◆そもそも東京都訪問看護教育ステーション事業とは

065_kubo_1_3330a672899655c1c850318260977249_s

東京都訪問看護教育ステーション事業の目的は、訪問看護への就業意欲を喚起するとともに、訪問看護師の確保・育成・定着を図ることです。 主な事業内容は4つあります。

 

(1)訪問看護ステーション体験・研修の実施

訪問看護師及び訪問看護に関心のある看護職を対象とし、同行訪問・手技演習等の研修を実施

(2)医療機関等における訪問看護師の研修の実施

地域の医療機関等と協同し、医療機関等において訪問看護師が必要な技術等の習得のための研修の機会を提供

(3)地域の訪問看護師確保のための取組み  

訪問看護の求人状況等に関する情報の収集・発信や、地域の訪問看護ステーション等からの相談に対する助言及び情報提供

(4)その他訪問看護師の確保促進及び人材育成に関すること  

地域において、カンファレンスや訪問看護師等の勉強会の実施

 

従来、訪問看護ステーション体験・研修(同行訪問等)は経済面、人的リソース面から困難なものでした。東京都訪問看護教育ステーション事業により、対象の都内9ヶ所の教育ステーションにおいて体験・研修を行えば、コストを大幅に抑えた訪問看護教育が行えるようになると言えるでしょう。

◆1日から無料体験可能 〜 訪問看護師の仕事を体験してみたい方へ

065_kubo_2_

訪問看護師の仕事に興味があるから体験してみたい、そんな方は1日から訪問看護師の職場体験が可能です。

対象は、医療機関勤務中、離職中などの訪問看護に関心のある看護職の方です。1日から5日程度のコースを選択できます。

内容は、オリエンテーション、同行訪問、手技演習等、体験する方の経験・知識・技術に応じた実践的な研修の実施、その他、カンファレンスや勉強会等への参加などです。 対象の都内9ヶ所の教育ステーションでは、1日から無料で在宅療養を支える訪問看護師の職場を体験できます。

◆ベテラン訪問看護師の指導が受けられる 〜 既に訪問看護師として働く方へ

065_kubo_3_35961a91bfa929495464ac12b85cd93b_s

受け入れ可能な症例を増やしたい方など、既に訪問看護師として働く方々もベテラン訪問看護師の指導が無料で受けられます。

都認定の9ヶ所の教育ステーションが、同行訪問等による研修や地域での勉強会などを通じ、訪問看護師のニーズに応じた指導や助言等を行なっています。これらにより、地域における訪問看護師の人材育成等を支援しています。

「自分に不足していた技術、対応、考え方を学ぶことができた。」「今までは必死に業務をこなしていたが、今回初めて訪問看護は楽しい仕事だと実感できた。」「現在勤めているステーションに不足しているマニュアル等がわかり、作成したいと思った。」

このような体験者の声も寄せられています。

◆研修費用は東京都が負担 〜 訪問看護師の研修を行いたい方へ

065_kubo_4_

訪問看護事業所の管理者以上の立場になると、研修をメンバーに受けさせたいが、リソース面から厳しい、という方もいるかもしれません。

対象の9ヶ所の教育ステーションでは、地域の医療機関等と協同し、医療機関等において訪問看護師が必要な技術等の習得のための研修の機会を無料で提供しています。 例えば、自分が管理するステーションの訪問看護師を、9ヶ所いずれかの教育ステーションに派遣することで、研修の無料受講が可能です。

地域で働く訪問看護師が、医療機関内で行われている医療・ケアについて具体的に知り、資質向上する機会となるでしょう。

◆認定の教育ステーションから相談・助言が受けられる

065_kubo_5_

都認定の9ヶ所の教育ステーションは、他の訪問看護ステーションへの相談・助言を受ける取り組みも無料で行なっています。

例えば、地域の訪問看護ステーションから、人材確保や訪問看護業務等の各種相談を受付けています。また、地域の訪問看護ステーションの求人情報を収集し、就業希望者への情報提供も行なっています。

無料の勉強会として、公開講座も行われています。平成28年度の講座内容は、在宅に役立つCOPDの管理、在宅障害児のリハビリの実際、在宅精神患者の管理などでした。

◆申し込みは直接9ヶ所の教育ステーションに

東京都訪問看護教育ステーション事業のサービス利用は、都が認定した9ヶ所の教育ステーションに直接お申し込みください。教育ステーションは区部に7か所、市部に2か所です。

新宿区 白十字訪問看護ステーション

墨田区 訪問看護ステーションみけ

世田谷区 訪問看護ステーションけやき

杉並区 河北訪問看護・リハビリステーション阿佐ヶ谷

北区 あすか山訪問看護ステーション

板橋区 板橋区医師会訪問看護ステーション

葛飾区 訪問看護ステーションはーと

三鷹市 野村訪問看護ステーション

日野市 山の上ナースステーション

無料となる事業は、東京都訪問看護教育ステーション事業の対象の事業です。また、無料となる対象者は都内在住者、都内勤務中訪問看護師、都内勤務予定者、となっています。

東京都訪問看護教育ステーション事業を活用することで、訪問看護師の体験、研修、育成などを無料で行うことができます。

 

◆参考

●「東京都訪問看護教育ステーション事業」(東京都福祉保健局)

●「ステーション勤務者向け『教育ステーション事業のご案内』」(東京都福祉保健局)

●「体験者向け『訪問看護の職場を体験してみませんか?』」(東京都福祉保健局)

●「平成28年度 東京都教育ステーション事業公開講座の予定について」(社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団)

 

【退院調整をもっと効率的に!!ITツールの開発にあたってご意見募集中☆】

〜以下にご協力頂ける方にはクオカード3000円分を贈呈いたします〜

弊社では、退院調整において病院の地域連携室の担当者が、
受け入れ可能な施設や訪問看護ステーションを見つけるために多大な時間と労力をかけていることに課題を感じ、
それを解決するために誰でも簡単に使えるWEBサービス「ケアブック地域連携」を開発しております。

在宅療養・施設・転院などの退院調整を支援し、
リリース初期では在宅療養の中でも訪問看護ステーションの調整に特化したサービスを想定中です。

そこで退院調整に関わる看護師やソーシャルワーカーなど地域連携室にいらっしゃる方のなかで、
一度弊社の開発製品についてご説明していただき、ご意見をいただける方を募集中しております!!

場所については、ご都合のよい最寄り駅等を
ご指定いただきましたら、その周辺のカフェ等でセッティングいたします。
お時間は30分〜60分程度を予定しております。

◆ご協力いただける方には3000円分のクオカードプレゼント
◆場所の都合上、東京、神奈川、千葉、埼玉在住の方限定とさせていただきます

ご協力いただける方は以下のフォームに必要事項をご入力の上、ご送信ください。