001_0_pixta_18554290_m

今まで医療施設や福祉施設などで働いていた看護師が、訪問看護に転職しようと考える人が増えてきました。 現代の医療は家庭化し、在宅で治療を受ける方が多いため、訪問看護のニーズは高まっています。

病院などの施設で働くか、訪問看護で働くか…迷っている人も多いと思います。 今回は病院と訪問看護での働き方についてお話ししたいと思います。

勤務形態や給与の違い

001_1

看護師として仕事をしてきて、転職を考える機会は色々な理由背景があると思います。 人間関係、給与面、結婚出産…。 訪問看護ステーションへ転職を考える人の中に比較的多いのが、子育てによるものです。

病院などの施設には託児所を併設している場所は多くありますが、夜勤の対応があったり、子供と一緒にいてあげたい夜に不在にする場合もあります。

一方、訪問看護ステーションは比較的働く時間を選ぶことができ、日中のお仕事のみという選択が可能です。オンコールはありますがある程度の希望を聞いてくれます。 好きな時間に働きたい!という方は、訪問看護ステーションを転職の選択に入れる場合が多いようです。

給与面に関しては、地域性などがあるものの、やはり病院などの施設より訪問看護ステーションの方が少し高い傾向にあるようです。 また、訪問看護は諸手当等もありますので、収入は増えます。 中には歩合制の訪問看護ステーションもあるので、転職の際は情報収集が重要ですね。

1日の仕事内容の違い 訪問看護では看護を行わない待機時間も

001_2_pixta_13744028_m

病院などの施設では、外来でも病棟でもバタバタ忙しいものです。 時間に追われ、時には同僚や先輩、後輩からも予想外の仕事のヘルプを頼まれ…。

一方、訪問看護においては個人の器量となりますが、指定された時間の中で患者さんと1対1で向き合い、自分のペースでゆったりとケアすることができます。

忙しく過ごしていた病棟勤務から、このように患者さんに丁寧に手をかけられる事に働き甲斐を感じる看護師さんは多くいらっしゃいます。

訪問看護ステーションは、病棟などのように大まかな流れは決まっていません。 訪問看護が入っている時は患者さんのご自宅に出向き、医療ケアを行います。 その他の時間は事務所で書類作成だったり記録をつけたりして過ごします。

訪問看護ステーションによってはこのように訪問看護していない時間は「待機時間」とされ、給料対象外になる場合もありますので、注意が必要です。

訪問看護の方が患者さんとの距離が近い

001_3_pixta_14406687_m

まず、訪問看護での働き方を検討する上で、「ご家族の方との関わりが不安…。」という声を耳にします。 患者さんに対して何かケアを行う場合、病院などの施設では「すみませんが今から〇〇(点滴や採血など)をしますので、少し席を外していただけますか。」とお声がけすることが可能ですが、在宅ケアにおいては、上記のような声掛けはしにくい状況にあることが多いです。

病院ではなく、家庭というくくりの中でお仕事をさせていただきますので、ご家族は「そばにいて当然!」と思う傾向にあります。 さらに、病院などの施設と違い、患者さんだけではなくご家族との距離もとても近いです。

人と関わるのが苦痛、他人に処置の様子を見られるのは苦手…という方は、訪問看護は不向きかもしれません。 しかし、初めのうちは関わりやすいご家族でのお仕事を提供してもらえますので、だんだん慣れていくことができます。

メリット・デメリットを徹底比較!?

001_4_pixta_12991234_m

さて、看護におけるメリットとデメリットについて多く耳にする内容をお話ししましょう。

メリット
【病院】
 ● 準夜や深夜の勤務があるので、上手に使えば連休が取れる
 ● スタッフの数が多いので急な欠勤にも対応してもらえる
【訪問看護】
 ● ライフスタイルに合わせて勤務スタイルを選べる
 ● 比較的週末休みの事業所が多い
 ● 夜勤がない
 ● 給与水準が高い
 ● 諸手当がある
 ● 病院勤務だけではできない経験がたくさん積める
デメリット
【病院】
 ● 勤務時間が決められているので、勤務に合わせたライフスタイルになる
 ● 勉強会などが多い
 ● 残業が多い
【訪問看護】
 ● 訪問先で自分ひとりで判断しないといけない場面がある
 ● 訪問先のご家族との人間関係の構築が難しい場合がある
 ● 夜間のオンコールに対応しなければいけない (事業所によっては夜間対応がなかったり、あっても希望すればオンコールを免除してもらえます)

このように色々な意見がありますが、訪問看護は様々な働き方を選ぶことができます。 ダブルワークを行っている人もいらっしゃるようです。

訪問看護はライフスタイルにより柔軟な働き方ができ、やりがいや待遇も◯

001_5_pixta_22369388_m

● 柔軟に組めるシフト
● 手厚い手当
● 給与水準の高さ

このような理由から、ライフスタイルによっては訪問看護にメリットを感じる人も多いかもしれませんね。 「訪問看護って、ある程度経験がないと働くことができないんじゃないか…。」 そんな不安を持っている人も多くいらっしゃいますが、実は意外とそうでもありません。

ある程度の看護の知識をしっかり持って勉強してきた人であれば、大丈夫です。 ご家庭へ出向くという限られた環境での看護は、発見も多く、時間もお相手の患者さんとしっかり向き合うことができるので、とてもやりがいのある仕事です。

興味がありましたら、ぜひ訪問看護も転職の選択肢として考えてみてくださいね。