049_0_pixta_25429581_m

訪問看護は、本来、病院で行っているケアを在宅で行う業務です。そこには、当然、病院なら揃っている筈の器材が無いという場合もあります。もちろん、必要な物は購入して頂きますが、正規の器材が無くても代用品で事足りる場合も多くあります。

ここでは私が実際に訪問看護業務中に使っていた代用品の一部を紹介します。

◆新聞紙は万能選手

049_1_pixta_5867732_m

新聞紙は、どのお宅にもありますし、惜しげなく使えて便利な物です。

適度に水分を吸ってくれるのもいいところですね。清拭や手浴、足浴用のバケツを置く為にレジャーシートを準備してくださるお宅も多いのですが新聞の方が助かる事もあります。大きさや厚みを自由に調整できますし、僅かな雫程度ならすぐに乾きます。 しかも、汚れたらそのまま捨てる事もできますから。

新聞紙のインクは消臭効果もあって排泄物の処理には最適です。使用済のオムツ等をこれに包めばかなり匂いは抑えられますし、さらにスーパー袋に入れて捨てれば完璧です。 その他、こぼした水を効率的に吸い取ったり、一時的な保温剤として使う事もできます。

よく、新聞紙を一頁ずつ切り離して小さく畳んで準備してくださるお宅があるのですが、見開きで使いたい事も多いので一日分、そのままで置いて下さる方が助かります。

◆ゴミ袋は困った時に頼りになるやつ

049_2_gomibukuro_taba

ゴミ袋は本来の使い方の他にもいろいろ使えるアイテムです。

【スライダー】

患者様の上体を高くジャッジアップすると、どうしても身体が足元の方へ落ちて来てしまうものですが、そんな時、役に立つのがスライダーです。 スライダーは洋服の裏地のようにスベスベした生地でできていて、これを患者様の身体の下に敷くと、ベッド上の患者様の身体を軽々と移動する事ができます。

これは購入の他にレンタルもできますが、ゴミ袋でも代用する事ができます。 スライダー程の効果はありませんが、短期間でしたら充分使えると思います。 ゴミ袋は切り開かずに底の部分だけを切り取って筒状にしておきます。 そうする事によってゴミ袋の内側の部分同志が触れて滑らかに動いてくれます。

【横シーツ】

シーツの汚染防止の為に、よく使い捨ての横シーツが使われますが、高価でもあり、少しの汚染で交換するのは申し訳ない気がします。また、体位交換の際に破れてしまったりする事もあるので、オムツ交換の際には、ゴミ袋を開いた物と新聞紙と重ねて横シーツの代わりにしたりします。

ゴミ袋は30Lでも45Lでも新聞紙の見開き1枚分とほぼ同じ大きさになります。ゴミ袋は丈夫なのでめったな事では破れませんし、大量の水分が漏れても大丈夫。ケアが終わったらすぐ取り除きます。これも汚れたら気軽に捨てられるのが利点です。

◆スーパー袋だって人気者

049_3_shopping_bag_rejibukuro

スーパー袋は使用済のオムツを捨てるのに重宝するのでいつも数枚携帯しています。 そんなスーパー袋ですが、時には意外なところで活躍してくれる事もあります。

【食事用エプロン】

患者様の食事介助をする事も多いのですが、たまに食事用のエプロンが洗濯中で乾いていなかったり、手元に置いてなかったりする事があります。 タオル等で代用する事もあるのですが、できない場合はスーパー袋で代用します。

持ち手を長めに切り、サイドを真ん中あたりまで切ります。 底の部分を裏返して余った部分は切り落とすか、中へ折り入れます。 多少カシャカシャしますし、ちょっと軽すぎはしますが、取り敢えずはこれで充分。 折り返したポケット部分でこぼした物もちゃんと受け止めてくれます。 そして、一番良いのが、使ったら捨てられる事です。洗って乾かす手間が要りません。

◆陰部洗浄容器はこれで充分

049_4_pixta_26445705_m

陰部洗浄には市販されている容器が数種類あって、それを準備してくださるお宅もあるのですが、わざわざ買わなくても良いかなと思います。 正規の物は無駄に大きくて扱いにくかったり、安定が悪くて倒れやすく、倒れると中の洗浄水が勢いよく出てしまったりするので、他の物で代用したほうが使い勝手が良い場合が多いです。

【ペットボトル】

一番手に入りやすく、気軽に使えるのが良いところ。 フタに穴を開ければ完成。500mlのタイプが使いやすくておススメです。

【台所用中性洗剤容器】

充分に水洗いして洗剤が残らないようにしてから使います。 使わない時にはノズルを引っ込めておけば、倒れてもこぼれません。 ノズルの大きさが陰部洗浄にぴったりです。 これでもう少し内容量があったら良いのですけど。

◆褥創処置のドレッシング剤に代わるもの

049_5_cooking_wrap

褥創の際の湿潤療法にはドレッシング剤として、ディオアクティブ等が処方されるのですが、高価な為か、充分な量は出して貰えない事が多くあります。

そんな時には代わりに、食品用ラップ、傷保護用の透明粘着剤等を使う事もあります。 透明なので創部が良く見え、剥がすにも比較的、皮膚に負担がかからない等、場合によっては、ディオアクティブより使いやすい場合もあります。

使い方は基本的にはディオアクティブと変わりません。 いずれにしても、ご家族に使い方を良く説明しておく必要があります。 汚染したり、自然に剥がれない限りは1週間から10日はそのままとし、無理に剥がさない。 感染の有無や浸出液の量などに注意する事等です。

◆既製のケア用品が無くてもできるケアがあります

049_6_pixta_12574168_m

ケアをするのに設備や用具が揃っているのに越した事はありません。

ですが、在宅療養をされる患者様の経済的な負担を考えた場合、何でも揃えて頂く必要は無いと思っています。訪問看護は身近にある物を工夫して使う事が求められる場でもあります。既製の用具が無くても、ご家族にも負担の無いケアを心がける事も大切ですね。

 

【退院調整をもっと効率的に!!ITツールの開発にあたってご意見募集中☆】

〜以下にご協力頂ける方にはクオカード3000円分を贈呈いたします〜

弊社では、退院調整において病院の地域連携室の担当者が、
受け入れ可能な施設や訪問看護ステーションを見つけるために多大な時間と労力をかけていることに課題を感じ、
それを解決するために誰でも簡単に使えるWEBサービス「ケアブック地域連携」を開発しております。

在宅療養・施設・転院などの退院調整を支援し、
リリース初期では在宅療養の中でも訪問看護ステーションの調整に特化したサービスを想定中です。

そこで退院調整に関わる看護師やソーシャルワーカーなど地域連携室にいらっしゃる方のなかで、
一度弊社の開発製品についてご説明していただき、ご意見をいただける方を募集中しております!!

場所については、ご都合のよい最寄り駅等を
ご指定いただきましたら、その周辺のカフェ等でセッティングいたします。
お時間は30分〜60分程度を予定しております。

◆ご協力いただける方には3000円分のクオカードプレゼント
◆場所の都合上、東京、神奈川、千葉、埼玉在住の方限定とさせていただきます

ご協力いただける方は以下のフォームに必要事項をご入力の上、ご送信ください。