009_0_pixta_25041323_m

転職・就職活動するにあたって、何を重視するかは人それぞれですよね。 労働内容だったり、お給料だったり、福利厚生だったり、時間だったり、人間関係だったり、勤務地だったり…。

 気になることはたくさんあると思いますが、転職・就職活動する上で意外と盲点となっているのが事業所の形態について。今日は色々な事業所での訪問看護師のお仕事内容を中心にお話ししたいと思います。

小規模多機能型居宅介護事業所

009_1_pixta_25541713_m

最近耳にするようになってきた「小規模多機能」。 なんとなく言葉からすると、小さい施設で多機能に対応してくれそう…。 そんな印象を受けますよね。

その通り、色々な機能を兼ね備えた施設です。 通いのデイサービス、短期宿泊のショートステイ、必要に応じて訪問介護を行います。 メインはデイサービス。 同じ施設で同じスタッフが全てのサービスを対応するので、利用者さんは不安を抱くことなく、利用できるのがメリットですね。

看護師は急変時の対応、服薬管理やインスリン注射などの医療行為、通院の付き添い、記録などの記載が主なものです。 看護師が常駐していることで国から補助金が下りるメリットがありますので、准看護師・正看護師問わず募集している施設が多いです。

メインは介護ですので、介護スタッフが動く事が多く、看護師は必要に応じて宿直などの対応はありますが、基本的には日勤のお仕事が多いです。

ただし、宿泊利用者の中にインスリン注射などの医療行為が必要な人がいる場合、朝・晩のインスリン注射が行えるよう、遅番や早番が入る場合があります。

訪問看護ステーション併設の医療施設

009_2_a8c35dfcbef57c92dd9418aed902dd20_s

独立した訪問看護ステーションのほかに、個人病院や総合病院などの医療施設に併設されている訪問看護ステーションもあります。 医療施設に併設されている訪問看護ステーションのメリットは、医師との連携が取りやすい、治療などに関する情報が得られやすいという点にあります。

多くの利用者は併設されている医療施設に通っている患者さんで在宅医療対象の方がそのまま同じ施設の訪問看護ステーションを利用する場合が多いです。 このため、診療内容や治療内容、経過などの情報を容易に入手することが可能です。

気になる夜間対応ですが、オンコールがある、日勤だけ、応相談など、色々な取り決めをしているようです。 医療施設併設ということで、癌患者さんの対応が含まれる場合があります。 こちらはターミナルケア、緩和ケアなどを積極的に行う場合が多いでしょう。

また、地域に根差した医療を目指している病院においては、高齢者医療がメインになり、認知症患者さんの対応が含まれる場合もあります。 自分の得意分野などをよく考慮し、どのような治療を行っている病院なのかを把握したのち、就職活動を行うといいでしょう。

デイサービス

009_3_pixta_19696611_m

デイサービスでは、施設の特色・方針によって、色々な看護師の働き方が存在します。 看護師として看護業務を行う場合、機能訓練士としてリハビリテーションや体操、ストレッチなどを行う場合、急変時の対応の際に必要とされる場合などです。

デイサービスにおける看護業務とは、主にバイタルサイン測定など健康面の管理、服薬管理、インスリン注射などの各種医療行為、入浴後の外用薬の塗布、体調不良時の対応などです。

看護の知識しかないのに、リハビリテーションなんてできないよ…と不安に思う場合も多いと思いますが、デイサービスは機能訓練が主というわけではないので、そんなに不安に思うことはないでしょう。 テキストやマニュアルなどが存在しますので、初心者でも大丈夫です。

どのような業務を行うかにより、給与面も大幅に変わります。 そして、どこに所属して働くかによっても大きく異なります。

例として、デイサービスとの直接雇用で正社員または契約社員などとして働く場合と、派遣スタッフとして働く場合などです。

さらに、派遣スタッフとして働く場合も事業所によって待遇が異なります。 看護をメインとしている事業所、介護をメインとしている事業所では、数百円の時給の差があります。

働く場所の選び方のポイント

009_4_pixta_20591267_m

小規模多機能型居宅介護事業所は24時間対応です。 訪問看護ステーションは事業所により、まちまちですが、医療の多様化に伴い、夜間稼働のところも増えています。 こうなると、やはり夜間の出勤ということが必要になってきます。

面接の際、「夜勤はできません。」とお話をし、事業所側にご納得いただけた場合でも、働いていくうちに人員不足から夜勤を頼まれることもあるかもしれません。 また、「お子さんも大きくなってきたでしょうからそろそろ夜間も対応してほしい。」そんな申し出があるかもしれません。 あくまでこれは私が働いている際に他のスタッフが言われていたことであり、全ての事業所がこうだとは限りませんのでご安心くださいね。

働き方に制限のない人は、積極的に夜勤を申し出ることも可能です。 このような事業所では夜勤を希望する人は少ない傾向にありますので、法律による取り決めはありますが喜んで対応しますというところも多いかもしれません。

一方デイサービスは日中だけの稼働です。 夜勤は避けたいという人には安心して働ける環境かもしれません。 ただし、デイサービスでもショートステイなど宿泊機能を携えている施設もありますので、面接の前にどのような特色のデイサービスか、確かめる必要がありますね。

自分の理想の働き方に合わせて転職先を検討すべき

009_5_18f40a26a32c55211e808ecdeea08063_s

看護師の働き方は多種多様です。 子供がいるので日中だけ働きたい、お金がほしいのでダブルワークをしたい、家族の看病や介護があるので限られた時間しか働けない、収入を増やしたいので積極的に夜勤をしたい…。

ご自身の希望により、どのような施設が合っているのかよく吟味する必要があります。 子供が小さいと必然的に夜勤は避ける必要があります。 また、介護や看病も同じように夜間ほど外出するのは困難ですよね。

子供が大きくなると、学校行事やPTAなどもあります。この場合、希望の日に休みが取れる必要があります。

最近は、医療化の多様に伴い本当に様々な施設が存在します。 それに伴い、看護師の働き方もさまざまです。 転職の失敗を避けるためにも、自分にはどのような働き方が合っているか、色々と情報収集することが必要ですね。