006_0_pixta_25546145_m

あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師も訪問をするの?と思う方が多いかもしれません。実は、医師の同意書があれば医療保険を利用して訪問マッサージ・鍼灸の施術を利用することができます。

そもそも、あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師はれっきとした国家資格であり、デイサービス等の介護施設などでは理学療法士や作業療法士と同じように機能訓練指導員として従事できる資格です。

そして、意外と知られていないのですが、この仕事はマッサージをするだけではないのです!では何をしてくれるのか?今回は、あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の仕事についてお話していきます。

訪問看護は様々な職種が協力するチームケア

006_1_pixta_13659525_m

訪問施術を利用される方のほとんどが介護サービスを利用されており、現在では、訪問施術はケアプランの一環として組み込まれることも多くなりました。利用者様の機能を維持・向上していくためには医療・介護サービスと連携していくことが有効な手段であると言えます。

念頭に置かなければいけないのは『利用者様とそのご家族は今後どの程度の機能を求めているか』ということ。そこからそれぞれの職種の目標が見えてきます。

また利用者様のケアマネージャーの声を聞くことも非常に重要です。例えば、寝たきりの方が、1ヶ月以内に歩けるようになりたいと言われても難しいですよね?ケアマネージャーは利用者様の声を聞いたうえで短期・長期目標を作成します。その目標を達成するため健康管理・看護・介護そして訓練を行っていきます。

特に、あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師は独断で施術を行ってしまうと大変なことになります。医師から腰の施術はしないようにと言われているのに、利用者様の要望だというだけで施術してしまったら…とても危険です。

今の利用者様がどのような状態であるか、他の職種の方がどう考え何を行っているかを把握したうえで対応していく必要があります。

あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の仕事内容

006_2_pixta_23009236_m

訪問したお宅での主な仕事はあん摩マッサージ指圧・鍼灸です。利用者様の要望・医師の提案双方を聞き、筋肉をほぐしたり、リラックスしていただいたり、また麻痺のある方には刺激したりします。

鍼灸を希望される方は恐怖感や自分の体に合うか分からないといった理由で最近では少ない傾向にあります。しかし、即効性が高く、体験したことがある方などは好んで要望を出されます。

そして、意外かと思われかもしれませんが、並行して機能訓練も行います。あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師は作業療法士・理学療法士ほどの専門性はありませんが、リハビリテーション医学も専門学校で学んでいます。

指先の感覚を取り戻すことから移乗や起立、歩行といった大きな生活動作につながる訓練、要望があれば大抵のことには対応します。理学療法士のリハビリテーションと似ているかもしれませんね。

あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師が訪問看護で苦労していること

006_3_yuka150701598457_tp_v

訪問施術で一番苦労することは時間制限です。訪問に期間や週の回数制限はありません。しかし、治療院や病院によって差はあると思いますが、一人の施術者が一日に訪問するお宅は10~15件ほどで一件に行える施術は20~30分というのが一般的です。

これがけっこう短いのです…全身のマッサージをしてほしいという要望でしたら時間ギリギリまで行い、訓練もとなると厳しくなります。

また、毎日訪問できることが理想ですが、利用者様の家庭状況によっては週に1回のみということもあります。月換算で4回ということになります。この4回でいかに目標に近づけるか!こういった事例は少なくありません。施術者として、スキルを日々磨くことも要求されます。

あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師との情報共有のコツ

006_4_pixta_21549944_m

前述のように、他業種の方との連携は必要不可欠となります。大きな変化、訪問した際に気になったことはケアマネージャーに連絡するようにしましょう。転倒した・著しく機能の衰えが見られるなどはあん摩マッサージ指圧師・鍼灸師には重要な事案ですのですぐに連絡してください。ケアマネージャーさんから各々連絡してもらえます。

しかし、ケアマネージャーさんに連絡するほどでもないけど知っていてほしい情報などもありますよね?例えば、今日のバイタルやトイレの状況など…そんなときは連絡ノートを利用者様のお宅に置くことをオススメします!

出入りされる方々に一言書いてもらうだけでその日の状況のみならず記録にもなり、非常に有効です。特に独居の利用者様のお宅には必須です!利用者様に認知障害などある場合、人によって言うことが違うということは多くあります。たまに様子を見に来るご家族様も日々の様子を知ることができ大変喜ばれます。

他職種理解で素晴らしいチームケアを

006_5_pixta_5088567_m

このように、あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師のよる訪問はマッサージ・機能訓練といった面でカバーできます。訪問によって日常生活の機能維持・向上を図ることによって看護面で支えている看護師の介助などの負担も軽減されるのではないでしょうか。

また、マッサージの特性上、体をほぐしたり、お話をきいたりすることでリラックスする時間を設けることで心のケアにも有効です。現在の医療・介護サービスは年ごとに変化し、多岐にわたります。

他職理解を深め、情報を共有し、お互いに補い合うことで利用者様によりよい生活を送っていただく手助けになります。利用者様の要望を理解し、ケアサービスをうまく活用することで素晴らしいチームケアが望めることでしょう。