訪問看護は、障害を持つ方や病気の方などが、自分の住み慣れた自宅で療養生活をするための支援サービス。個人が望む生き方のサポートとしてとても重要になっています。

そこで注目されているのが訪問看護師と他の職種との連携。利用者のニーズにさらに近づくためにあらゆる角度からのサービスを行っています。どのような連携をしているのか、早速見ていきましょう。

在宅医療は多職種連携が欠かせない

003_1_pixta_14377095_m

新たな看護師の仕事として注目を浴びている訪問看護師は、病院などに所属せずに訪問看護師として利用者の自宅で看護をすることが目的です。

医師の指示により対象者には点滴やカテーテルの交換などの医療処置を行う事や、健康の状態のチェック、また健康管理に関するアドバイスまで広範囲で適切な対応をしなければなりません。また対象者の日常生活をサポートするのも役割の一つで、食事や排泄などのケア、さらにメンタルケアなども必要になります。

そこで大切になるのが訪問看護師と他職種との連携。患者さんが服用する薬をはじめとした様々な情報を共有するためにも、各機関との連携は欠かせないものになっています。最終的な患者さんの社会復帰や自立を目指す為には他職種との連携が大切です。

主治医〜的確なケアを行うためには主治医との関係が重要〜

003_2_pixta_17195250_m

病気や障害を持った方、高齢者など訪問看護師が看護する対象者は様々。利用者の自宅での看護になるため、的確なケアを行うためには主治医との関係がとても重要になります。

一般的には利用者に向けた訪問看護な主治医の指示書に沿って行われています。全てが整った医療機関でなく自宅で行うため、主治医の指示はとても重要なのです。また主治医からの一方的な指示だけでなく、実際に現場で看護をする訪問看護師は報告書を主治医に提出するなど、双方の情報交換としてもコミュニケーションがとても大切です。

訪問看護師と他職種との連携のなかでも主治医とは密接な連携をとる必要があります。医療機器の管理や操作など、専門知識が要される訪問看護師はより良いサービスを提供する為にも他職種との連携は欠かせません。

ケアマネジャー〜協力して患者さんの情報提供をタイムリーに行うことが大事〜

003_3_pixta_22450781_m

高齢者社会の日本では在宅医療を希望する方も増加傾向にあります。訪問看護師の必要性が増えるなか、同時にケアマネージャーとの連携も重要視されています。

ケアマネージャーは看護対象者と訪問看護師をつなぐ存在になっていますが、訪問看護師との連携によりさらに患者さんが快適な日常を過ごす為の大切なポイントです。それぞれに違う役割があり、専門的な知識も異なりますので時にはコミュニケーション不足により患者さんが苦痛を感じる場合も出てしまいます。

このような場面を回避するためにも、訪問看護師とケアマネージャーは患者さんの情報提供をタイムリーに行う必要性があります。双方が円滑な仕事を進めるためにもお互いの目的を理解することが大切です。

ヘルパー〜生活サポートを通じて患者さんの健康状態をいち早く知る立場〜

003_4_pixta_21847393_m

訪問看護ではそれぞれの職種が的確な対処をするために、情報の交換など連携体制がとても重要と考えられています。現在日本国内では約42万人ほどの方が活躍しているといわれていますが、基本的に訪問看護師と違うのは医療行為ができない点。

自宅での看護を必要とする方が増えている近年、ヘルパーの存在により訪問看護師の負担も軽減され、医療補助も集中して行えるようになっているのです。ヘルパーは患者さんの食事のお世話、排泄、入浴といった生活に大切なサポートをメインに行っていますが、患者さんの健康状態をいち早く知る立場でもあります。

訪問看護師の専門的な技術提供のためには、ヘルパーとのより良いつながりを大切にして患者さんの回復を目指すことが重要です。

求められるのは職種を超えた現場の連携プレー

003_5_pixta_23685718_m

訪問看護を必要とする対象は近年多様化しています。的確な対応をするためにも訪問看護師と他職業の連携はとても重要になってきました。訪問看護の拡大が予想される今後の日本。多様な利用者のそれぞれの期待に応えるためにも、異なる職種の専門知識を生かした現場の連携プレーが大切です。

介護や生活支援、医療補助などあらゆる場面で対応できる機能性が必要になっています。医療機関に通えない方、安心して自宅で家族と生活をしながら療養したい方など、それぞれの目的や希望が異なります。今後の医療では訪問看護をさらに充実させ赤ちゃんからお年寄りまで全ての方を支援する体制が必要となっています。

訪問看護は今までの保険医療で不足した部分の穴埋めとしても、それぞれの職種との連携が大切です。

【退院調整をもっと効率的に!!ITツールの開発にあたってご意見募集中☆】

〜以下にご協力頂ける方にはクオカード3000円分を贈呈いたします〜

弊社では、退院調整において病院の地域連携室の担当者が、
受け入れ可能な施設や訪問看護ステーションを見つけるために多大な時間と労力をかけていることに課題を感じ、
それを解決するために誰でも簡単に使えるWEBサービス「ケアブック地域連携」を開発しております。

在宅療養・施設・転院などの退院調整を支援し、
リリース初期では在宅療養の中でも訪問看護ステーションの調整に特化したサービスを想定中です。

そこで退院調整に関わる看護師やソーシャルワーカーなど地域連携室にいらっしゃる方のなかで、
一度弊社の開発製品についてご説明していただき、ご意見をいただける方を募集中しております!!

場所については、ご都合のよい最寄り駅等を
ご指定いただきましたら、その周辺のカフェ等でセッティングいたします。
お時間は30分〜60分程度を予定しております。

◆ご協力いただける方には3000円分のクオカードプレゼント
◆場所の都合上、東京、神奈川、千葉、埼玉在住の方限定とさせていただきます

ご協力いただける方は以下のフォームに必要事項をご入力の上、ご送信ください。